「教育費」が無料のドイツ(大学、給食、教科書、鉛筆まで)

 

谷口たかひさです。

うちは兄弟が多かったこともあり(6人)、大学には奨学金を借りて行かせてもらいました。

 

イギリス留学ともなると、それでも全く足りなかったので、バイトを4つかけ持ってました。

 

それでも足りないことに気づいたので、結局学生ながら自分でビジネスをはじめました(そんな大それたものではなく、あれよあれよと流行に合わせて服を買い替える大学生から、着なくなった服を預かり、ネットショップで販売して手数料をもらう、といったものでした)。

 

 

こう見えて学ぶことが大好きだったので、学びたいのに、お金をかせぐことにたくさんの時間とエネルギーをうばわれてしまうのが、とてもくやしかった事をハッキリと覚えています。

 

 

 

 

ドイツの大学は学費が無料。

※私立など、一部例外はありますが、原則無料、またはかなり低額だそうです。

 

 

…。

 

 

正直言っていいですか?

 

 

…。

 

 

むぅっっっっちゃ

 

うらやましいです。。。

 

 

 

 

また学費だけでなく、高校終了までの期間は、給食費、教科書代、筆記用具代(鉛筆、ノートなど)が全て無償だそう。

 

つまり、「教育費」が無償、ということですね。

 

未来をつくる、「教育」というものに重きを置くことは、国力を維持する為にも、賢明な選択だと僕も思います。

 

 

 

また、これは外国人でも適用する、といいます。

 

 

 

理由は…

 

 

 

「誰もが等しく平等に教育を受ける権利がある」

 

 

 

からだそうです。

※1970年代のドイツ社会民主党(第2政党)の政策。2006年に財政危機で見直されたが、2013年から再び実施。

 

 

…。

 

 

涙出てきますね。

こういう理想を掲げ、実現していることを、心からスゴいと思います(^^♪

 

 

 

さて、日本では消費税が2019年10月に8%から10%に増税予定です。

これには賛否両論あるでしょうし、僕個人の意見としては、社会保障はもっと充実していくべきだと考えていますが、そのお金の集め方として、法人税を下げながら、消費税を上げていく、というのには違和感があります。

 

企業の内部留保(利益から税金や株主配当、役員報酬を払った後に残る、蓄積されていくお金)なんて、バブル期よりよっぽど多いみたいですし。

 

 

 

ただ、ドイツの消費税は、日本よりよっぽど高い19%(法人税はほぼ同じ)ですが、これが16%から19%に上がる時にも、反対の声はあまり出なかった、と現地の人から聞きました。

 

色々な要素がからんでくることなので、簡単なことは言えませんが、

税金の使いみちや、政府と国民との信頼関係、といったところなのかも知れませんね。

最新情報をチェックしよう!
>ヨーロッパの事なんでも聞いてください♪

ヨーロッパの事なんでも聞いてください♪

・ドイツはなんで犬の殺処分をゼロにできたの?
・プラスチックフリーのスーパーって?
・ドイツでナチスを放映し続けているって本当?
・北欧の小学校教科書には何て書いてるの?
・ドイツでは腐るお金があるって本当?

などなど、ヨーロッパに関して「これって本当なの?」や「こういうところはどうなっているの?」といった質問に、ドイツ在住の僕が現地の人へのインタビューを交えお答えします(^^♪