気候危機3‐私たちが気候危機の「被害を受ける最初の世代」で、「阻止できる最後の世代」

 

 

谷口たかひさです。

 

大学はイギリスに留学していました。

 

今思い返すと、「お酒の飲み方」もイギリスで学びました。 

 

※決して品の良い飲み方では無いです。

 

 

おかげさまで、ドイツ語は勉強中ですが、英語(とアルコール)には免疫ができました。

 

 

 

そうなると何が嬉しいかというと、色々な国のニュースが読めたり、色々な国の人と「自分の言葉」で話せたり

 

世の中の事を、より早く、広く、深く、正確に、知れると思うわけです。

 

 

ニュースでいうと、イギリスやアメリカなど、英語が母国語の国のニュースはもちろん、

英語が母国語で無い国のニュースも、英語に翻訳されるのは早かったり、イギリスやアメリカのメディアが取り上げたりします。

 

 

 

一方で、海外のニュースが日本語に訳されるには、結構なタイムラグがあったり、

世界的に重要なニュースでも取り上げ方がごく小さかったり、

 

そもそも全く取り上げられなかったり…

 

 

 

Google翻訳なども精度が上がってきていますが、利用してもイマイチ何が書いているか、わかりそうでわからなかったり…

 

そもそも、翻訳機能というのは、その他の言語で書かれた記事が、何やら大切なことが書かれているらしい、となるから利用するわけで、 

 

その「何やら大切なことが書かれているらしい」という情報自体が入ってこなければ、

「この記事大切なことが書かかれているらしいから、Google翻訳使って読んでみようかなぁ」となるはずもありません。

 

 

2019年5月に、イギリスが国家として初めて、気候異常事態宣言を出しました。 

 

 

ということについて、先日記事を書かせてもらいました。

(記事はこちら⇒イギリスが世界で初めて気候非常事態を宣言!

 

 

 

このニュースがイギリスのオンラインメディアに出た時、

日本はゴールデンウィークの最中で、僕も猛烈に、モーレツにエンジョイしていましたが、

この速報が入ってきて、興奮して周りの人と話しまくったのを覚えています。

 

 

気候危機阻止の為のストライキは、世界100ヵ国、100万人以上に広がり、ドイツでもいたるところで見かけます(僕も参加します)。

 

 

ただ、世界的にめちゃくちゃビッグニュースのこの話、今のところ日本の人で、知っていた人を見たことがありません。

 

そして、今のところ欧米の人で(イギリスの人に限らず)、知らなかった人を見たことがありません。

(もちろん、たまたま、という可能性も無くは無いです) 

 

 

僕のまわりには、こういった問題に素晴らしく意識の高い方がたくさんいますが、「個人の意識の差」だけでは片づけられない、こーゆう情報のギャップがまだまだ、事実として発生しうる、と思うわけです。

 

 

また、メディアの情報だけだとどうしても偏ったり大げさだったりすることもさけられませんので、現地にいる、現地の人に聞ける、ということも非常に大事になってくると思います。

 

 

それを、たまたま環境に恵まれて、英語と日本語が使えるようにならせてもらった僕が、

 

せめて自分の関心のある分野(環境/教育/農業/健康/お金の仕組みなど)に関してぐらいは、

 

その情報のギャップを少しでも埋めることに一役買えたらなぁ…と思います(^^)

 

 

 

ので、前置きが長くなりましたが、

よければフォロー/シェア/いいねなどお願いします(笑)

※ロゴをクリックでとべます。 

引き続き、海外メディアから得た情報や、現地の人から聞く話、それに対する自分の考えなども交えて、いち早く発信していきますので(^^)

 

 

「私たちが気候危機を阻止できる最後の世代」

 

 

という記事を、イギリスのガーディアン新聞(200年程歴史のある老舗新聞)が報じました。

 

 

また同時に、

 

 

「被害を受ける最初の世代」

 

 

でもある、と報じています。

 

 

記事の中では、2015年国連パリ協定「2030年時点での気温上昇を1.5℃以内に抑える(産業革命時との対比、現在は約1℃上昇)為に努力するという取り決めとは裏腹に、温室効果ガス排出が上昇していることや、

 

アメリカの大統領、ドナルド・トランプ氏が気候危機を否定していること、ブラジルの新政権も気候危機への対策に前向きでは無いこと、など、マイナスの面も報じられていますが、

 

 

 

EUが温室効果ガス排出量を実質ゼロにすべく取り組んでいることや、

 

再生可能エネルギーのコストの急降下

 

世界銀行の気候危機阻止の為のお金が、温室効果ガス排出を減らす為だけではなく、

 

気候危機が原因で起きている、洪水、嵐、干ばつから人々を守るために平等に使われていることなど、プラスの面も報じた上で、

 

 

現在の対策は、気候危機を阻止できるほど、迅速で抜本的なものではない、としています。

 

 

その理由の1つに、気候危機阻止には、行政面からのはたらきかけも必要不可欠であるが、

 

気候危機対策をうたっても、政治家としては人気が出づらく、選挙には勝てないこと、

 

などが挙げられています。

 

 

 

この問題の原因は少なからず、私たちひとりひとりにもあると思ってます。

 

 

気候危機阻止に取り組む政治家、企業、NPO、個人を応援し、その人たちを人気ものにできるのは、私たちひとりひとりの意志ですから(^^)

 

 

私たちが気候危機の「被害を受ける最初の世代」で、「阻止できる最後の世代」です。

 

 

自分の子供の世代や、孫の世代に、「どうしてまだ間に合ううちに何もしてくれなかったの?」と聞かれて、何も言えない大人にはなりたくないですね(^^)

最新情報をチェックしよう!
>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること