国連環境賞の絵本をクリスマスに書き上げ、その2時間後急死した小学生、坪田愛華ちゃん物語

 

 

谷口たかひさです。

12月14日(土)は、島根県出雲の「アース館」でお話させて頂きました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:25人、、野津 健司さん、Namiko Watadaさん、Haruka Yataさん、坂本美由紀さんなど、、スマイル、室内

 

動画はこちら⇒地球を守ろう2019年12月14日@斐川アース館

 

国連のグローバル500賞という、

環境問題に関して著しい貢献をした人に贈られる賞を、

世界で初めて、子どもながらにして受賞した女の子、坪田愛華ちゃん。

 

その子の記念館でお話させてもらいました。

 

当時小学6年生だった彼女は、環境問題をなんとかわかりやすく伝えようと、

「アースちゃん」という、地球をモチーフにしたキャラクターを生み出し、

『地球の秘密』という絵本を3ヵ月かけてクリスマスの日に書き上げ、

その2時間後に原因不明の病で倒れ、息を引き取りました。

 

 

あまりにドラマチックすぎる最期。

 

 

彼女が書き上げた絵本はその後、

国連から、子どもとしては世界で初めて賞を受け、

11ヵ国語以上に翻訳され、

多くの人たちに気づきを与えて来ました。

 

 

森が切られている、ということを問題視できる人はいても、

その森を切っている人たちを責める人たちはいても、

その人たちの生活にまで想いをはせることができる大人が、

どれくらいいるでしょうか。

 

  

この本のあとがきには、こうあります。

 

「これは環境についてなんだけれど、私一人ぐらいという考えはやめようと思います。それを世界中の人がすれば、一発で地球はだめになると思います。みんなで協力し合って、美しい地球ができればいいです。」

 

 

 

彼女は環境問題だけでなく、平和についても書いてくれています。

 

「戦争はおそろしいもの、かわいそう、などと思っても、平和にはならないと思います。今の日本だって、決して平和だと、言いきれないと思います。それは、悪い政治家がいるからです。悪い政治家がいるのには、私たちにも責任があります。正しい選挙をすれば、悪い政治家は出なかったと思います。」

「太平洋戦争は、なぜ七年間も続いたのでしょう。それは、日本がまちがったことを言っていたからだと思います。もし、そのころの人が、自分なりに意見を持っていたら、戦争はながびかなかった。いやおこらなかったかもしれません。」

「世界ではまだ、戦争、災害、うえなどがたくさんあります。それを、今度は私たちが解決していきます。私が大人になるころにはの世の中は、強いものが弱いものをいじめず、だれもが、堂々と意見を言えるようになっていて、だれもが笑顔だといいと思います。そんな世の中を、がんばって作りたいと思います。」

 

 

彼女は生きていれば、僕より少しだけ年上。

 

一緒に、活動したかったなぁ…。

 

 

彼女が大人になってつくろうとしていた世界に、

 

今の世界はまだなっていないかもしれないけど、

 

彼女の分まで、がんばろう。

 

 

フォローお願いします(^^)

※ロゴをクリックでとべます。

 

最新情報をチェックしよう!
>ヨーロッパの事なんでも聞いてください♪

ヨーロッパの事なんでも聞いてください♪

・ドイツはなんで犬の殺処分をゼロにできたの?
・プラスチックフリーのスーパーって?
・ドイツでナチスを放映し続けているって本当?
・北欧の小学校教科書には何て書いてるの?
・ドイツでは腐るお金があるって本当?

などなど、ヨーロッパに関して「これって本当なの?」や「こういうところはどうなっているの?」といった質問に、ドイツ在住の僕が現地の人へのインタビューを交えお答えします(^^♪