無関心な人に伝えるには

 

 

谷口たかひさです。

 

「地球温暖化/気候変動」と呼ばれるような問題についてのお話をしながら、

47都道府県すべてと、世界の国々を周らせてもらっています。

 

お話会のあと、質問タイムもできるだけ設けるようにしています。

 

僕はこの質問タイムが大好きです。

 

わざわざ忙しい中、時間と労力を使って来て頂いた方々に、

できるだけ疑問など残さない、有意義な時間を過ごして頂きたいですし、

答えられない質問が出た時は、僕に成長のチャンスをくれますし、

何より、みなさんがどういうことを気にされている/困っているか、

を教えてもらえるからです(^^)

 

 

どこの会場であれ、質問は似てくることが多いです。

 

その中でも最も多いと僕が感じている質問がコチラ。

 

 

「無関心層をどうやって巻き込めばいいと思いますか?」

 

 

今回は、これに関して、僕の考えを書いてみたいと思います(^^)

 

 

まず、僕はこの「無関心層」という言葉に少し違和感を感じています。

 

極端な言い方になりますが、この言葉を使った時点で既に、

「分断」を生んでいる気がします。

 

 

関心が「無い」わけではなくて、なにか他のものに向いているだけなのでは??

 

 

例えばファッションにとても関心が向いていて、

命がけでその道を極めようとしている人がいるとします。

 

ファッションショー, ファッション, キャットウォーク, モデル, 女性, スタイル, ドレス, 服, 衣料品

 

僕は今、環境問題に関心が向いていて、

ファッションには関心が向いていないので、

 

地球温暖化, 生態学, 自然, 環境, 気候, 問題

 

同じ理屈なら、その人にとって僕は「無関心層」になりますよね??

 

社会課題と呼ばれるようなものに関心が向いているか否かで、

「無関心」な人か否か、を判断されている方もいる気がしますが、

それを正とするのもちょこっと乱暴な気がします。

 

 

僕も「気候変動」と呼ばれる問題に取り組ませてもらっていますが、

自分がやっていることを「正しさ」という物差しで測ったことはないです。

 

 

そもそも「正しい」という言葉は絶対に使わないように気をつけています。

 

 

学校のテストならともかく、

人間社会での「正しい」の解釈は、本当に人それぞれです。

育った環境や価値観や立場が変われば、一気に変わります。 

 

 

つまり「正しさ」を口にした時点で、「分断」が生まれている気がするのです。

 

 

では、関心が他のものに向いている人にどうやって伝えればいいのでしょうか?

 

 

方法は色々あると思いますが、今回はその内1つについて書きたいと思います。

 

 

例えば、好きな異性ができた時に、その人の気を引こうとして、

その人が関心が向いているものを知った時に、

それが自分がもともとは関心が向いていないものだったとしても、

それについて調べたりしたことないですか??

 

 

僕は結構そうするタイプです(笑)

 

 

なんやったら、もともと僕もそれも好きだったかのように話します(笑)

 

 

相手の関心を無理やり僕の側に向けようとするのではなく、

相手の関心が向いている方向に自然と僕がいる、

という状況を作るイメージですね(笑)

 

 

そうすると自然と相手も、

僕や、僕が関心が向けているものに、

興味を持ってくれる可能性が高くなると思います。

 

 

そもそも、相手が関心を向けているものには自分は一切興味を示さないのに、

自分が関心を持っているものには関心を向けてくれと相手に期待するのは、

少し乱暴な気もします。

 

 

「パートナーが私が関心を向けていることに関心を向けてくれません…。」

というご相談を良く頂きますのが、

 

 

案外、パートナーの人も、その人が関心を向けているものに、

あなたが関心を向けてくれないことを悩んでいるかも知れませんよ(^^)

 

 

本当に自分が関心を向けているものに関心を向けて欲しいのであれば、

まずは自分が、その人達の関心が向いている方向に自然と自分がいる、

という状況をつくる努力をするのは、案外良い手かも知れませんよ(^^)

 

 

なので、僕は、年が明けてYouTuberになったら、

環境問題のことは5回に1回ぐらいにして、

 

あとは、

英語の上達方法とか、

起業に関してとか、

留学に関してとか、

海外の旅情報とか、

海外で働くにはとか、

海外の食事情とか、

ファッションとか、

 

なんかとにかく、他の方向に関心が向いている人の、

その関心の先に自分がいて、

まずは自分に関心を持ってもらって、

 

「この人、他にどんなこと言ってるんだろう…。

ん?気候変動??ナニソレ???」

 

みたいな状況を作ろうと思っています(笑)

 

まぁそんなに上手くいくかはわかりませんが、

挑戦してみる価値はあるかと思っています(^^)

 

なので、もし伝えたい相手がいて、その人が関心を持ってくれないのであれば、

まずは自分から、相手の関心が向いているものに関心を向けて、

寄りそって、それを理解するように心がけてみてはいかがでしょうか?

 

 

もちろん関心を向けれるものに限界はあると思いますし、

そんなに簡単なことだとも思わないですが、

そもそも、関心をコチラ側に向けてもらうということが、

それほど簡単なことではない、ということでしょう(^^)

 

 

それでも伝えたい人がいて、変えたいものがあるのであれば、

希望を持って、淡々とそのために努力できる人で僕はありたいです(^^)

 

 

「努力する人は希望を語り、怠ける人は愚痴を吐く。」ですね(^^)

 

他にも効果的だと思う伝え方があるので、

「無関心な人に伝えるには」は、シリーズ化してまた書こうと思います(笑)

 

よければフォローしてください♪

※ロゴをクリックでとべます(^^)

 

最新情報をチェックしよう!

伝え方の最新記事8件

>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること