「明日は我が身」気候災害で全然ハッピーニューイヤーじゃなかった国々‐気候危機26

 

谷口たかひさです。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

 

…なのですが、「気候変動」によって、

全然おめでたくない年明けを迎えることになった国々を紹介させて頂きます。

 

 

おめでたい雰囲気に水を差すのは僕としても不本意なのですが、

世界中これらのニュースで持ち切りの中、

やはり日本では報道されていないことには違和感を覚えたので、

書いておきたいと思います。

 

 

 

①オーストラリア‐火災

 

僕のFacebookではもう何度も投稿していますがあらためて…

 

  • 大規模火災により、4,000人以上ビーチ等へ避難、飛び込む人も
  • 5億近くの動物が焼死
  • 10名以上が焼死
  • 1,000以上の家が消失
  • 火災の規模はアマゾン火災の6倍以上
  • オーストラリア周辺の海の温度は2℃上昇
  • サンゴ礁などは死滅に向かい、魚は大移動を始めた
  • 最も暑い月は1月で、これは始まりに過ぎない

 

大晦日にイギリスの新聞社『ガーディアン』が報じた、

現在のオーストラリアの風景を動画で見てみましょう。

 

引用元:Guardian News

 

南半球で、季節が日本と真逆のオーストラリアは、

今が日本でいうと7月の頭といったところでしょうか。

 

 

オーストラリアで有名な動物、コアラ。

あのコアラが捕まっている樹、ユーカリ。

 

あのユーカリの樹の樹脂は、

気温が40℃を超えると自然に発火する事があるそうです。

 

 

赤道からの距離が、日本とそれ程大きくは変わらず、

四季もあり、各季節の気温も日本とそれ程大差なかったそうなのですが

(もちろん大きさやその地理的要因から日本よりも開きがありますが)、

 

今年の夏(つまり現在)は、記録的な暑さを記録しており、

 

引用元:Fridays For Future International

 

気候変動が原因だと言われている記録的な気温上昇に、

これまた気候変動が原因だと言われている記録的な乾燥が相まって、

自然発火による火災(人為的なものも多いという説もあります)が、

そこら中で発生しています。

 

 

これは、1月4日正午時点での火災の様子。

 

引用元:MyFireWatch

 

赤=12時間以内橙=24時時間以内黄=72時間以内です。

 

つまり、すべて3日以内、今年に入ってからの火災ということになります。

 

 

大晦日前後の様子はこちら。

 

  

 

 

人びとが避難するビーチからの風景」

 

 

 

②インドネシア‐洪水

 

  • 過去最悪級の規模の豪雨、洪水
  • 少なくとも60名が死亡
  • 400,000人近くが避難
  • 水が6m近くの高さに達した地域も

 

年始に『ガーディアン』が報じた、

その洪水の凄まじさを動画で見てみましょう。

 

 

 

 

③フィリピン‐台風

 

  • クリスマス・イブに直撃
  • 時速200km近くの過去最悪級の規模(速度)のもの
  • 少なくとも28名が死亡、12名が行方不明
  • 時速200km近くの速度のもの
  • 60,000人弱の人々が避難

 

年末に『ガーディアン』が報じた、

すべてを吹っ飛ばすその凄まじさを動画で見てみましょう。

 

 

 

 

第二次世界大戦時、反ナチス運動の指導者であった、

マルティン・ニーメラーの有名な言葉を引用します。

 

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、
私は声をあげなかった、私は共産主義者ではなかったから。


社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、
私は声をあげなかった、私は社会民主主義者ではなかったから。


彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、
私は声をあげなかった、私は労働組合員ではなかったから。


そして、彼らが私を攻撃したとき、
私のために声をあげる者は誰一人残っていなかった。

 

「気候変動」は地球規模の問題です。

今回その被害を受けたのが日本では無かったからといって、

被害を受けた国々のために声をあげなかったり、

根本原因と、その解決から目を背けていては、

私たちが同じか、よりヒドい目に合う事は、時間の問題です。

 

それも遠い将来でなく、今年の夏前から始まる可能性が高いと思っています。

 

また、追ってブログで書かせて頂きますが、

気候変動が進んだ結果、自然災害の被害を受けるリスクの高さを表す、

Natural Hazard Listでは、日本はこれらの国々より順位が高く、

なんと世界2位にランクインされているそうです。

 

よければフォローしてください♪

※ロゴをクリックでとべます(^^)

最新情報をチェックしよう!
>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること