「地球を守れるかはこの1年で決まる」英国で最も信頼される新聞社『ガーディアン』が報道(日本語訳)‐気候危機30

 

谷口たかひさです。

 

2019年7月23日にBBC(英国放送協会)が報道した、

Climate change: 12 years to save the planet? Make that 18 months
(地球を守るにはあと12年?いや18ヵ月だ)

 

 

という記事を日本語訳してブログに書いたところ、
(⇒気候危機18‐日本語訳「この18ヵ月が人類存続の別れ道」BBC(英国放送協会)報道

1記事で、これまでに20,000人にのぼる方々に読んで頂いており、

英語でしか報道されていない内容を日本語に訳してお届けする事の、

ニーズをひしひしと感じております。

 

 

その18ヵ月という報道からはや半年ほどたった今、

今度は英ガーディアン紙が、2020年1月7日に、「あと1年」と報道しました。

  

英ガーディアン紙は、イギリスで最も信頼できる新聞社として挙げられており、

僕も1番良く読む媒体である事から、

なかなかショッキングなニュースとして取り扱われております。

 

それでは、この記事も、日本語訳をどうぞ(^^)
※ 翻訳はお仕事としてもしていましたが、あくまで完ぺきとはならないことを無いことを前提に、ご参考にして頂ければ幸いです。
※ 大手メディアが出しているものに対して、これをして良いかは正直わからないのですが、事態が事態だと思いますので。

 

 

 

引用元:ガーディアン

 

One year to save the planet: a simple, surprising guide to fighting the climate crisis in 2020
地球を守れるかはこの1年にかかっている:2020年気候危機に立ち向かうための、単純かつ意外な手引き

 

Veganism might help and it’s always good to avoid flying. But the answer to Earth’s emergency must involve political, collective action – and there are countless ways to get active
ヴィーガンになる事は助けになるだろうし、飛行機に乗らない事は良い事だ。しかし、地球の非常事態への答えは、政治的で集合的な行動でなければならない‐そして、その道は数えきれないほどあるのだ

 

 

The impact of the climate crisis is all too visible. Bushfires have killed more than 20 people in south-eastern Australia and forced thousands more to flee their homes. Floods and storms have left hundreds dead and many more destitute in Argentina, Uruguay, Zimbabwe, Mozambique and Malawi. And in the UK, record temperatures were seen last summer and this winter.
気候危機の影響は全て明らか過ぎる。オーストラリアの山火事は、オーストラリア東南の地域で20名以上の死者を出し、さらに数千人が避難を余儀なくされている。洪水と嵐は、アルゼンチン、ウルグアイ、ジンバブエ、モザンビークやマラウィで数百人の死者を出し、より多くの人を貧しくした。そしてイギリスではこの夏と冬、過去最高気温を記録した。

Last year, people across the world took to the streets to demand goverments act to slash greenhouse gas emissions. Did you watch and wonder what you could do to help the global climate movement?
昨年、世界中の人々が街に繰り出し、政府に温室効果ガスの削減のための行動を要求した。あなたはそれを見て、あなたがグローバル気候ムーブメントの為に何ができるを考えただろうか?

If so, this year presents a remarkable opportunity. With the 26th Conference of the Parties UN climate conference taking place in Glasgow this November, there has never been a better time to add your voice to those calling for urgent action to end our reliance on fossil fuels, cut greenhouse gases and protect the planet from global heating.
もしそうであるなら、今年はこの上ないチャンスだ。11月26日に国連気候サミットがグラスゴー(イギリス)で行われるのに伴って、化石燃料への依存の終焉や、温室効果ガスを削減して地球を過熱化から守るために緊急の行動を求める人たちに、あなたも加わる過去最高のチャンスだ。

At COP 26, world leaders will be under huge pressure to come up with an international, united and effective response to the climate emergency. Those involved in the recent wave of climate action believe much can be done beforehand to ensure nations take effective action. “There is no doubt 2020 is going to be a really big year,” says Kim Bryan, of the US group 350.org.“In Glasgow, nations will be expected to agree formal commitments to tackle climate change. And people pressure is really making a difference.”
COP26では、世界の首脳たちは、気候非常事態に対する国際的で団結した効果的な対応を、とても大きなプレッシャーとともに迫られるだろう。気候に関する行動の波に関わった人たちは、国々が効果的な行動を起こす為に事前にできる事はたくさんあると信じている。「2020年は非常に重要な年になる事は疑いようが無い」とアメリカ『350.org.』のキム・ブリャンは言う。「グラスゴーでは、国々は気候変動に立ち向かうための公式なコミットメントに合意する事が期待される。そして人々が与えるプレッシャーは、確実に違いをもたらしている」

 

What group should I join?
どのグループに入るべきか?

A number of Scottish organisations are building their campaigns in the run-up to COP, including Stop Climate Chaos Scotland, a collection of more than 40 civil society organisations. But there have never been so many options for would-be activists, from traditional NGOs such as Greenpeace and Friends of the Earth, to more radical groups such as Extinction Rebellion (XR) and its youth section, the school strikes movement, run by the UK Student Climate Network, and grassroots organisations such as Onca in Brighton or Clean Air for Southall and Hayes. “There is going to be a mixture of mobilisation for the coming year, and hopefully a lot of it will be led by grassroots groups,” says Guppi Bola of Wretched of the Earth, an activist coalition that supports the global south and people of colour seeking climate justice.
『Climate Chaos Scotland』を含む、40の市民団体からなるスコットランドの団体はCOPに向けてキャンペーンをたてている。しかし、活動家の志望する人たちにとって、選択肢はかつてないほど多く、伝統的なNGOである『グリーンピース』や『FoE』から、より急進的である『エクスティンクション・リベリオン』やその若者支部、イギリスの学生気候ネットワークにより運営される学校ストライキ運動、そして草の根団体であるブライトンの『Onca』や『Clean Air for Southall 』や『Hayes』など。「今年は混合的な動員が見られ、願わくばその多くは草の根団体によって率いられて欲しい」と、活動家連合で、南の発展途上国と、有色人種で気候の正義を求める人々をサポートする『Wretched of the Earth』のグッピー・ボラは言う。

 

A protester at a Fridays for Future climate change protest in London last September.
引用元:ガーディアン

 

Do my choices as a consumer still matter?
私たちの消費者としての選択は今もなお重要か?

With 40% of UK emissions coming from households, the independent Committee on Climate Change says what we do can play an important part in reducing emissions. From choosing renewable energy to heat their home, to improving household insulation and choosing an electric vehicle, individuals can cut their carbon footprint. Reducing your overall consumption – of clothes, household goods or toys – can also help reduce the UK’s carbon emissions. The latest data reveals that in 2016 UK consumption represented 784m tonnes of CO2.
イギリスの排出量の40%は家庭から出ている事を受け、気候変動に関する独立した委員会は、私たちの家庭における行動は重要であると言う。家を暖めるのに再生可能エネルギーを選ぶ事から、家の断熱性を改善する事、電気自動車を選ぶ事によって、個人の二酸化炭素排出を減らす事ができる。服や家庭用品、オモチャといった、全体的な消費を減らす事も有効。最新のデータによると、2016年のイギリスの消費は、7億8,400トンの二酸化炭素排出の原因になっている。

 

How can I campaign locally?
地元でのキャンペーン活動はどうすれば良いか?

You could set up a local Friends of the Earth action group. The charity is supporting those who want to build community action groups to put pressure on councils to adopt climate action plans. The aim is to build upwards to push the government to adopt a national action plan that will put the UK on a path to net-zero emissions by 2045 by tackling transport, heating, energy and agriculture. “This will be the backbone of our campaigning this year,” says Claire Norman of FOE.
あなたの地元で『FoE』のグループを立ち上げる事が可能だ。チャリティは、議会が気候アクションプランに適合する事にプレッシャーをかけるコミュニティを立ち上げる事を支援できる。その目指すところは、イギリスが移動や暖房、電気や農業の分野で取り組む事により、2045年には二酸化炭素排出量をゼロにする為の軌道に乗る事をプッシュする事だ。「これが今年の私たちのキャンペーンの背骨になる」と『FoE』のクレア・ノーマンは言う。

Extinction Rebellion encourages anyone in an area without a local group to set one up. Creating a Facebook page or hosting a public meeting are ways to start off your group. “The basic idea is to inform and inspire new people and then get them into groups to take on roles and jobs so the whole mobilisation can grow quickly,” says XR.
『エクスティンクション・リベリオン』は地元のグループが無いの場所でも、一から立ち上げる事を奨励する。Facebookページを作成したり、公共での集まりを催す事が方法だ。「基本となるアイデアは、新しい人たちに知らせて、鼓舞して、グループに入ってもらい、役割や仕事を引き受けてもらう事で、全体の動員が早く進む、」と『エクスティンクション・リベリオン』は言う。

 

Which groups ensure BME and indigenous voices are heard?
少数派(黒人、少数派民族、先住民など)の声が届くのはどのグループか?

Finding a group that embraces diversity may be hard. Craig Bennett, chief executive of Friends of the Earth, has warned of the environmental movement becoming stuck in “a white middle-class ghetto”.
多様性を擁するグループを見つけるのは困難かも知れない。『FoE』のチーフエグゼクティブであるクレイグ・ベネットは環境ムーヴメントを「白人の中流階級域」だと警告した。

That said, Daze Aghaji of XR youth recommends her own organisation, “because we are extremely diverse. We have really worked on this because we know that XR was coming under criticism over lack of diversity. We are creating bonds with activists in the global south, and we are taking on topics that are hard to talk about, like mental health and climate change.”
『エクスティンクション・リベリオン』 の若者、デイズ・アガジは彼女自身の団体を推薦し、「なぜなら、私たちは極端に多様です。私たちはこれを非常に重要視して来た。なぜなら、 『エクスティンクション・リベリオン』 は多様性に欠けるという批判にさらされようとしていたからだ。私たちは南の発展途上国の活動家とも絆を築き上げているし、精神病や気候変動など、議論が困難なトピックにも取り組んでいます」と言う。

Bola, meanwhile, says that people of colour should join local groups where they feel comfortable doing so, and that many grassroots groups in metropolitan areas are more diverse and representative of society.
一方でボラは、夕食人種は、地元の彼ら自身が快適に感じるグループに加わる事べきで、多くの都市部の草の根団体はより多様で社会を表していると言います。

Clare Rodger of the UK Student Climate Network says: “There is more that we could be doing to make sure that everyone is equally valued and listened to. This includes encouraging more boys to get involved in the climate justice movement.”
イギリス学生気候ネットワークのクレア・ロジャー曰く:「私たちが、すべての人が平等に価値付けされ、耳を傾けられる為にできる事をもっとある。これは、より多くの男子を気候正義の為のムーヴメントに巻き込む為に勇気づける事を含む」

 

How can I campaign at work?
仕事場でキャンペーンするにはどうすれば良いか?

If you have a unionised workplace, ask your union to get involved. Petition or lobby your company to carry out an audit of its carbon footprint – from its energy emissions and transport to the staff canteen. Then push for it to commit to reducing its carbon emissions, moving to net zero.
もしもあなたが組合化された職場にいるなら、あなたの組合を巻き込もう。嘆願や陳情により、あなたの会社の二酸化炭素排出量を監査しましょう‐その電気利用料や移動から、スタッフの食堂に至るまで。そして、その排出量をゼロにするように働きかけよう。

 

Hoofing it … a horse-led Culture Declares Emergency procession in London in April 2019.
引用元:ガーディアン

 

Is physical protest the best way to fight the climate crisis?
肉体的な抗議活動が気候危機に立ち向かう最高の方法か?

There are many ways to show concern and to act, says Rodger. Some involve direct action and protest, others do not. “I think people should just do whatever they feel most comfortable doing, whether it is joining a school strike, or lobbying your MP or taking action to lobby your employer at work. What is important is to join the movement in whatever way you can.”
ロジャーは、懸念を示し、行動を起こすのにはたくさんの方法があると言う。いくつかの方法は直接的な行動や講義活動を伴うが、そうでない方法もある。「人はただ、それが学校ストライキに加わることだとうが、議員に陳情する事だろうが、従業員を巻き込む事だろうが、自分に一番しっくりくる方法を取るべきだと私は思う。重要なのは、それが何であろうが、あなたが可能な限りムーヴメントに加わる事だ」

 

How useful is getting arrested during a protest?
抗議活動中に逮捕される事はどれほど効果的か?

Taking direct action can lead to arrest. Mass arrests, such as those that took place during the XR protests last year, can also be used as a form of disruption. XR provides advice on how an activist can use the criminal justice process, from arrest to prosecution, to raise public and political awareness of the climate emergency. But arrest is not for everyone.
行動を起こす事で、逮捕される事もある。『エクスティンクション・リベリオン』の昨年の抗議活動による大規模な逮捕劇も混乱の形として利用し得る。 『エクスティンクション・リベリオン』 は活動家の為の、公共や政治的な気候非常事態に関する認知を向上される為の、逮捕から起訴に至るまでの刑事司法プロセスをどう利用するかのノウハウも提供している。だが、逮捕はすべての人向きではない。

 

But there is so much else to do, away from direct action, that is not often seen
しかし、それほど良く見られる事の無い、直接的な行動以外にも、できる事はたくさんある

 

“It is an individual choice for some people, and we will support those people,” said Aghaji. “But there is so much else to do, away from direct action, that is not often seen – for example, there is the education work we do to build the climate movement.”
「これはいくらかの人による個人的な選択であり、私たちはこれらの人々をサポートする」とアガジは言う。「しかし、それほど良く見られる事の無い、直接的な行動以外にも、できる事はたくさんある‐例えば、気候ムーヴメント構築の為の教育などが挙げられる」

 

How helpful are online petitions?
オンラインでの嘆願はどのくらい効果的か?

Change.org says the ability of ordinary people to set up petitions helps to level the playing field. “You no longer need to be a politician or CEO to make change happen,” says a spokesperson. “Anyone can start a petition on Change.org and raise awareness of an issue. Then the people who sign the petition become a community that work together to win the campaign.”
『Change.org』は通常の人々が嘆願を上げる能力は、競技の場を平準化すると言う。「もう、あなたが変化をもたらす為に、政治家やCEOである必要は無い」と言う。「 『Change.org』 では誰もが嘆願を上げる事ができ、問題の認知度を上げる事ができる。そして、その嘆願に署名する人たちはそのキャンペーンに勝つ為のコミュニティになるのだ」

Often petitions focus on a small area relating to climate change or the environment. “Some of the most successful petitions are ‘little big things’ – campaigns to change one tangible part of a wider problem. This paves the way for the public to make change on huge issues like stopping climate change, where it can be hard to know where to start,” the spokesperson adds.
嘆願はしばしば、気候変動や環境に関する小さなエリアにフォーカスしがちである。「最も成功した嘆願のいくつかは『小さくて大きな事』‐大きな問題の具体的な一点を変えるといったキャンペーンといった。これが公に、気候変動を止めるといった、どこから始めていいかわからないような壮大な問題への道しるべとなるのだ、」と加えた。

 

How can I find out a politician’s record on environmental issues?
政治家の環境問題に関する記録はどうすれば見つけられるか?

Try theyworkforyou.com, which takes data from the UK parliament to show you how your MP voted on issues such as the third runway at Heathrow, fracking, and carbon capture and storage.
イギリス議会からデータを取り、議員がヒースローや水圧圧搾、二酸化炭素の貯蓄や貯蔵にどう向き合っているかがわかるtheyworkforyou.comを試してみよう。

The Guardian’s polluters project also provides a handy guide to how MPs have voted on key environmental legislation. In the US, 350.org is running a “climate test” to show where presidential candidates stand on key issues.
ガーディアンの汚染者プロジェクトは議員が環境に関する重要な立法にどう投票したかの便利なガイドも提供している。アメリカでは、『350.org』が大統領選挙の立候補者が重要な問題にどう取り組むかを見せる為の「気候テスト」も実施している。

 

Which issues could be solved by political action?
どの問題が政治の行動によって解決されるか?

Building pressure to reduce UK emissions to net zero sooner than 2050 – the current government target – and pushing for a carbon tax are key campaign areas. In the UK, transport accounts for a third of all carbon emissions. So you could campaign for policies to reduce transport emissions – for example, through a much earlier ban on diesel and petrol vehicles than the current 2040 deadline, an end to the freeze on fuel duty, or cuts to rail fares. These are political decisions that could speed up change.
イギリスの排出量を2050年(現在の政府の目標)より早い段階でゼロにするというプレッシャーをかける‐そして炭素税が主要なキャンペーンを行うべき部分だ。イギリスでは、移動がすべての二酸化炭素排出の3分の1を占めている。つまり、移動による排出を減らす為の政策にキャンペーンを行う事ができる‐例えば、ディーゼルやガソリン車の禁止を現在の2040年の期限より早めたり、燃料税の凍結をやめたり、鉄道運賃を下げたりだ。これらは、変化を促進する為の政治的決断だ。

 

Swedish climate activist Greta Thunberg delivers a speech during the Friday for Future strike on climate emergency, in Turin in December.
引用元:ガーディアン

 

How can I show solidarity with Greta Thunberg?
グレタ・トゥーンベリとの連帯を示すにはどうすれば良いか

Fridays for Future is the schools strikes movement Thunberg inspired. According to 350.org, which works with the movement, joining in the school strikes is one of the best ways to support her. The next day of action is 14 February.
『未来の為の金曜日』は、トゥーンベリが鼓舞した学校ストライキのムーヴメント。そのムーヴメントと共に活動している『350.org』によると、その活動に加わる事が彼女をサポートするベストな方法の1つだと言う。次の行動の日は2月14日だ。

The global movement inspired in part by the school strikes helped give Thunberg the profile to speak at the UN, says Bryan. “Building this movement, growing it, making sure it has more profile and drives more action is important in the coming year.”
この学校ストライキによって鼓舞されたグローバルなムーヴメントは、トゥーンベリに国連でスピーチする側面を与えたと、ブリャンは言う。「このムーヴメントを構築し、成長させ、より大きな活動へと繋げる事は、今年重要である」

A key month is April, when there will be three days of action across the world, including a global strike and a rebellion led by XR.
重要な月は、『エクスティンクション・リベリオン』に率いられた活動や、グローバルストライキを含めた、3日間に渡る世界的な活動が予定されている4月だ。

 

 

 

翻訳は以上です。

 

個人的には、家庭でできる事や、投票などの、従来市民が取る行動よりも、

ストライキや、デモや、嘆願などによる、政府への直接的な行動にフォーカスされていた事が印象的でしたが、事態の緊急性を理解すれば、無理もないのかも知れません。

また、気候変動の認知度向上の為に逮捕される手引きまで存在するとは…。

 

実際に、イギリスではご高齢の方が道路をふさぐデモをして逮捕されたり、

オーストラリアでは山火事に伴い、13歳の女の子が首相官邸前(首相はハワイ旅行中だったとも言われている)でデモを行って警察から警告を受けたり、

世界中で環境デモにより逮捕や、催涙弾を浴び去られているケースもあります(中には、法に触れる事なく平和的に行っていたものも多いと言われています)。

 

2019年、暗殺(という言葉が正しいのかはわかりませんが)された環境活動家の数は100名を超えているという報道も出ました。

 

これらのやり方が良いとか悪いとか、正しいとか間違いの議論の前に、事態はもうここまで来ている、という事を真っ直ぐに受け止めながら、希望を抱きたいと思います。

希望を抱くのは、絶望を抱くよりも、勇気がいる事なのです。

 

比較的イギリスにフォーカスした記事にはなりますので、日本と違う部分も多々あるとは思いますが、

参考になる部分もたくさんあると思いますし、何より今この地球がどういった状況で、どのような議論がされているのか、を知る事には多大な意味があるかと。

 

日本でも、私たち『地球を守ろう』のピースフルなマーチや(ホンマに平和的で何より楽しくて、子どももたくさん参加してくれるやつです(^^)一度動画をご覧ください↓)、

 

 

『地球を守ろう』のマーチや『講演会』、『上映会』などのイベントはコチラ
※青字をクリックでとべます(^^)

ホームページ
Facebookページ
Insatagramページ

 

各地での政府への嘆願(気候非常事態宣言を出す、CO2排出量削減、再エネ推進、ゴミ削減など)も行っていきましょう(^^)

 

 

もちろん、ご家庭レベルでできるような、

 

①ゴミを減らす

②省エネ(再エネへの切り替え)

③車をできるだけ使わない(エコカーに替える)

④肉や乳製品を減らして、野菜の割合を増やしていく

⑤投票/買い物/視聴/預金を考える

 

といった事もできる事から行っていきましょう(^^)

 

 

よければフォローしてください♪
※ロゴをクリックでとべます(^^)

最新情報をチェックしよう!
>ヨーロッパの事なんでも聞いてください♪

ヨーロッパの事なんでも聞いてください♪

・ドイツはなんで犬の殺処分をゼロにできたの?
・プラスチックフリーのスーパーって?
・ドイツでナチスを放映し続けているって本当?
・北欧の小学校教科書には何て書いてるの?
・ドイツでは腐るお金があるって本当?

などなど、ヨーロッパに関して「これって本当なの?」や「こういうところはどうなっているの?」といった質問に、ドイツ在住の僕が現地の人へのインタビューを交えお答えします(^^♪