史上初20℃超えの暖冬で、関東でサクラとヒマワリが開花「2020年は最も暑い年になる」英気象庁が発表‐気候危機32

 

谷口たかひさです。

 

暖冬ですね。

 

各地で起きている異常事態を見ていきましょう。

 

 

福岡、長崎、大分、熊本各県で気温が20℃度を超え、観測史上更新相次ぎ、全域で3月中旬から5月上旬並みの暖かさに

 

 

九州地方だけでなく、全国的に記録的な暖冬が続き…

 

大阪でも1月8日、16.5℃を記録し、低気圧の影響で春の嵐のようなもの(秒速20メートル)が襲い、高速道路が通行止めになりました。

 

 

1月5日には、東京でサクラが開花(⇒動画

 

 

1月10日には、群馬県と静岡県で、夏の花であるヒマワリが開花(⇒動画

 

 

雪や氷が足りずに、各地で影響も出ています。

 

岡山のスキー場5施設、積雪がほぼゼロで、今期は1度も営業出来ず

福島で例年1m超えの積雪が多くて30cmに、スキー場が滑走不可

富士山、標高1,300mでもコースが使用不可

秩父の冬の風物詩「氷柱」が形成されず、無料で開放、ライトアップ延期

札幌での降雪が史上最少で、「雪まつり」の開催が困難

暖冬でスキー場の一部コース使用できず
富士山標高約1,300m 引用元:uty

 

暖冬害や早育などによる、農作物への影響も懸念されます。

 

 

 

イギリス気象庁は「2020年は歴史上最も暑い年の1つとなる」事を発表

 

A hydrologist checks cracks in the dried up municipal dam in the drought-stricken town of Graaff-Reinet, South Africa, in November 2019.
引用元:ガーディアン

 

2019年7月は、日本もさる事ながら、

僕が住んでいるドイツは、基本暑くならないのでクーラーが家や電車に無いような国なのに、気温42.6℃を記録しました。同じく基本クーラーが無いフランスでは、46.7℃を記録。

 

南半球で季節が逆となるオーストラリアでは、40℃もそんなに超えないような国だったのに、現在50℃超えを記録しています。

 

今年の夏、日本はどうなるのか…

 

誰にも正確な予想はできませんが、とにかくまずは根本的な気候変動/地球温暖化への対策に加えて(①ゴミ減らす②省エネ③車をできるだけ使わない④肉を減らす⑤政府/企業/メディアなどへの意志表示、など)、

家に断熱材を入れる、などの対策も推奨されています(家庭内の温度を適温に保ちやすくなり、冷暖房の効率も上がる)。

省エネハウスとして、補助金が出るケースもあるようなので、ご興味がおありでしたら調べてみてください(^^)

 

ドイツに住みながら、気候変動や、海外の情報を届けさせて頂いてますので、よければ、フォローをお願いします♪
※ロゴをクリックでとべます(^^)

 

最新情報をチェックしよう!
>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること