海は今「1秒間に広島原爆5発分」の速度で熱くなり続けている事が判明‐気候危機33

 

谷口たかひさです。

 

先日、この記事(※)で、今年、2020年は歴史上最も暑い年の1つになる見込みで、熱波や豪雨、洪水、台風などの災害がとても懸念される事を書きました。

※⇒史上初20℃超えの暖冬で、関東でサクラとヒマワリが開花「2020年は最も暑い年になる」英気象庁が発表‐気候危機32

 

 

また、1月14日にFuturismが発表した記事によると、

 

今、地球の海は「1秒間に広島原発5発分」の速度で熱くなっている

 

そうです。

 

 

どういう事かと言うと…

 

 

2019年の地球の海の温度は、1981年‐2010年の平均に比べ、0.075℃高かったそうです。

 

これは、なんて事のない数字の様に見えるかも知れませんが、

地球上のすべての海の体積が莫大な事をふまえると、

これだけの温度を上げるのには、228垓(億、兆、京の更に上の単位)ジュール(熱量の単位)の熱量が必要だそうです。

 

何やら言い表すのも、想像するのも難しい話になって来ましたが、

あの広島に投下された原子力爆弾が63兆ジュールだそうで、

 

私たちがこの25年の間に海に与えた熱量は、広島原爆36億発分に相当するそうです。

 

そしてこの、私たちが海に与えている熱量はどんどん大きくなっているようで、

去年、2019年はこれがおよそ1秒間に広島原爆5発分であったそうです。

 

 

より身近なものに例えると、

 

世界中のすべての人(約77億人)が、全員、1人当たり100個のヘアードライヤーを持ち、常にそれを海に向けて、暖め続けていると同じだけ、海を暖め続けている状態

 

だそうです。

 

 

これは氷床をより速い速度で溶かし続け、海の高さを上げ続けています。

イルカや他の海洋生物は、この急激な温度変化に適応する術を持っておらず、死んでいっています。

この熱は海水を水蒸気にしていっており、ハリケーンや台風、豪雨といったものをより強大にしていきます。

 

 

この私たちが海に与え続けている熱、そして温暖化(過熱化)は、今この瞬間もヒドくなっていっており、対策が遅れれば遅れるほど、取り返しのつかない事になっていきます。

 

 

地球温暖化(地球過熱化)、気候変動(気候危機)は、私たちの多くが考えるよりもはるかに、待ったなしの状況なんです。

 

ドイツに住みながら、日本では手に入りにくい情報を発信してますので、よければフォローしてください♪
※ロゴをクリックでとべます(^^)

 

最新情報をチェックしよう!
>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること