コロナウィルスにマスクは意味がない?対策をWHOが発表‐ドイツ人がマスクをしない理由

  • 2020-02-09
  • 2020-02-09
  • 健康
  • 7685view

 

谷口たかひさです。

 

ドイツに住みながら、日本ではあまり報道されない情報を発信させて頂いています。

ここ最近、発信した事に対するコメントでも、日本の人と連絡を取っていても、「日本は今コロナウィルスの報道で持ち切りだからね…」という声を良く聞きます。

 

その増え方は確かに、以前に騒動になった「SARS」や「MERS」に比べても多い事がわかります。

Chart comparing the Coronavirus, Sars and Mers
引用元:BBC

 

中国以外にも25ヵ国に拡がりを見せ、圧倒的な差はあるものの、中国の次に多いのは日本ですね。ヨーロッパでは僕の住むドイツが一番多いです。

Map showing how the virus has spread to 25 countries across the world. Japan has 86 cases, Singapore 30, Thailand 25 and South Korea 24.
引用元:BBC

 

基本的には継続的に増加してきたその件数は、ここ最近2日連続で減少を見せたようではありますが…

Chart showing showing the number of confirmed cases has dropped for two consecutive days following a number of days of rises
引用元:BBC

 

さてコロナウィルスの拡大にともない、日本でマスクの売り切れが相次いでいると聞きます。

引用元:トヨトミ城

このマスクですが、ヨーロッパで最もコロナウィルスへの感染が確認されている、僕が住んでいるドイツでは、着用している人を見た事がありません。

 

WHO(世界保健機構)が出している、コロナウィルス感染のリスクを減らすための対策を見てみましょう。

Infographic showing what you can do to reduce your risk of catching coronavirus
引用元:BBC

 

  • 水と石けんや、擦式アルコール製剤で手を洗いましょう
  • 咳やクシャミをする際はティッシュや肘の内側で鼻と口を押えましょう
  • 風邪やインフルエンザの様な症状の人に近づくのは避けましょう
  • 肉や卵にはしっかり火を通しましょう
  • 野生動物や家畜に防護なしに近づくのは避けましょう

 

…マスクの着用はここにはないですね(ちなみにうがいもありません)。

 

コロナウィルスは、英語で “airborne viruses(空気中を浮遊するウィルス)”、の1種だと言われていて、この種のウィルスに対するマスク着用の効果に関しては、ウィルス学者は懐疑的だそうです。

ただし、手から口への伝染については、防ぐ事ができるとも示唆されています。

 

 

さて、ドイツではマスクを着用している人を見ないので、現地の人、何人かに理由を聞いてみました(※あくまで答えてくれた人たち、個々人の意見です)。

返ってきたのは以下のような声。

 

「それだったら今、アメリカで大流行してるインフルエンザ(※現時点での死者数コロナウィルスの約17倍)の方がヤバくない?インフルエンザの方が毎年たくさん人が死んでるし」

「マスク着用にはほぼ意味が無いし、それより手洗いをしっかりした方が良いよ」

「日本人はメディアに踊らされすぎなんじゃないかな?もっと自分をもって、一旦立ち止まって、自分の頭で考えたり調べたりした方が良いと思うよ。」

「熱中症や大気汚染の方がよっぽど人が死んでるよ。気候変動への対策の方が優先されるべきだと思う。」

 

などなど…

自立しているというか…

素直に、なんかカッコイイな、と思いました。

 

ついでに話が情報の取り方にも及びましたが、普段テレビを見る、という人は1人もいませんでした(※あくまで答えてくれた人たち、個々人の意見です )。

 

ウェブ上の世界的なメディアが、できるだけ偏らない報道のために、寄附で成り立てようとしていたり、火力発電業界など、ある特定の業界からの広告を断っている中、

テレビはまだまだそれが難しく、偏りが比較的多い、という意見の他、単に「時間のムダ」という意見も多かったです。

 

これはあくまで僕個人の価値観ですが、僕も実家にも、1人暮らししてからも、テレビというものは持った事が無いです。

「テレビを見ても、テレビに見られるな」というのがおかあさんの口グセでした。

例えば、テレビを何気なくつけて、1日2時間とか見るのがクセになってしまっている人は、睡眠時間が1日8時間だとして、毎日起きている16時間のうち2時間、つまり8分の1、10%以上をテレビを見て過ごしている事になります。

命=時間なのに、人生の10%以上をテレビに見られて過ごすわけです。

娯楽としてどうしても見たい番組があったり、そもそもそうするのが好きという人の事を否定するわけではなく、僕個人としてはそれはもったいないなぁと思います。

 

話がそれてしまいましたが、マスクに関してはこの記事に書いた通りで、みんなが爆買いして、売り切れていて買えないからといって神経質にならずに、

手洗いをはじめとする、WHOが推奨する対策をしっかり取りながら、

そもそもの免疫力を高めるためにできる事をしたり、疲れをためこまず、できるだけ休息をとるようにしましょう(^^)

 

ドイツに住みながら、日本であまり報道されない情報を発信していますので、よければフォローしてください♪
※ロゴをクリックでとべます(^^)

 

 

【引用元】

BBC: Coronavirus: A visual guide to the outbreak (https://www.bbc.com/news/world-51235105)

 

僕のブログの他の記事はコチラから(ブログのホームへ)⇒ 本当に価値のあるものは

最新情報をチェックしよう!
>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること