コロナウィルス‐日本政府の臨時休校要請を世界中が報道 世界の対応は?

  • 2020-02-28
  • 2020-02-28
  • 健康
  • 4043view

 

谷口たかひさです。

 

日本の安倍首相は2月27日の18時過ぎ、コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、全国の小中高校に3月2日から春休みまでの臨時休校を要請しました。

 

このニュースは瞬く間に日本中に拡がり、また日本だけでなく、

BBC(英国放送協会)、ガーディアン、ロイター、NYタイムズ、などなど…

あげればキリがないほどに、世界中の名だたる報道機関も報道しました。

 

WHO(世界保健機関)局長のテドロス・アダノム も、世界規模での勃発は決定的なポイントを迎え、パンデミック(世界的大流行)の可能性があると発言しました。

 

 

世界の感染状況は以下の図の通りです。

これまでは感染者が発生していなかった国でも、感染者が多発してる国からの帰国者により、初感染者が報告されています。

 

Map showing the countries affected by coronavirus outside China
引用元:BBC

 

 

以下のグラフを見ると、中国以外の国での感染者数も、ここ最近で急激に伸びている事がわかります。

 

Chart showing how the daily confirmed cases of coronavirus spiked mid-February and then dropped back
引用元:BBC

 

 

そして中国の感染者数と死亡者数は、依然ズバ抜けて高い事がわかります。

 

Chart showing the number of cases announced daily outside China has risen recently
引用元:BBC

 

 

一方で、以下のグラフを見ると、中国は累計の感染者数という意味では多いものの、最近は減少を見せている事がわかります。

 

Chart showing how the daily confirmed cases of coronavirus spiked mid-February and then dropped back
引用元:BBC

※グラフ内、1つ目の注意書きは感染の基準を大きくした事を、2つ目の注意書きは感染の基準を小さくした事を示しています。

 

 

一方で、以下のグラフを見ると、中国内での死者数最近は減少を見せている事がわかります。

 

Coronavirus deaths fall back
引用元:BBC

※グラフ内、1つ目の注意書きは感染の基準を大きくした事を示しています。

 

 

そして以下のグラフから、これまでに流行したSARSやMERSに比べ、致死率は低くおさまっているものの、感染者数は圧倒的に多い事がわかります。

 

Chart comparing the number of cases and deaths from coronavirus to Sars and Mers

 

 

 

それでは、他の国々ではどういった対応がなされているのかを見ていきましょう。

 

  • イラン:26名が死亡、テヘランにおける金曜日のお祈りをキャンセル
  • サウジアラビア:海外の巡礼者の入国を禁止
  • オーストラリア:中国本土からの来訪禁止を拡大
  • イタリア:14名が死亡、11都市を隔離
  • ギリシャ:すべてのカーニバルを中止
  • 中国本土:休校
  • 香港:休校

 

休校が行われている国は、日本だけでは無いようですね。

一部ではオンラインで授業を行うところもあるそうですが…。

日本の今回の休校要請は中国の休校を追う形になり、3月の第1週が非常に重要であり、子どもの健康と安全を第一に考えての事だ、と首相が発言した事が報道されています。

 

またこれらの報道にはありませんでしたが、現地の人に聞いたところ、僕が住むドイツも、中国、韓国、イタリアからの人の来訪を禁止しており、日本からの人の来訪を禁止するのも時間の問題かも知れません。

 

 

日本のコロナへの対策のための予算が、韓国やシンガポールなどの国に比べて圧倒的に低い事や、

韓国などの国に比べて、検査数が低いのは、感染者数の報告数が増え、東京オリンピックが中止になるのをおそれての事ではないか、

という声を日本の人たちから聞きましたが、海外の報道でこれらに触れている報道は、僕は今のところ見ていません。

 

日本が臨時休校要請を出す前日に、アメリカのNYタイムズが、

“Japan Can’t Handle the Coronavirus. Can It Host the Olympics?”
(日本はコロナウィルスに対処する事ができない。オリンピックを主催する事なんてできるのか?)

という記事を出しているのは見ましたが…。

 

 

僕個人としては、インフルエンザなどとの大差も感じられておらず、これから温度や湿度が上がってくるにつれて収束するだろう、ぐらいにしか考えられていないのですが、

気候変動を阻止する為の活動で一緒に動いてくれている科学者に聞いても、やはり「まだわかっていない部分が多い」というところで慎重にならざるをえない、と言っていて、それは多少は理解できる気はします。

 

いずれにせよ、過剰なまでの反応はせず、適切と言われる対策を取りながら、人間としての免疫力を上げる、また下げない事に徹する、に越した事はないように思います。

 

 

コロナで日本の学校が休みになるこのチャンスに、

「学校では教えてくれない、日本では報道されない」

世界から見た地球と権利のお話を、子どもたちやみなさんと、ZOOMでつないでやりたいです(^^)

  

クイズを盛りだくさんにした、みんなでワイワイ楽しむ形式でやりたいです(^^)

 

主催してくれるという素敵な方は、事務局のYoshie Suzukiさんまでメッセンジャーをお願いします(^^)

※事務局や私への「ZOOMのやり方」のお問い合わせには一切対応できかねます。

※そのため、すでにされた事がある方、やり方などは問い合わせなくても自力でできる方、ご自分の周りに助けてくれる方がいる方、などの方にお願いしたいです。

 

これを期に、子ども向けYoutubeの動画も増やしていきますのでそちらも是非(^^)

↓リンクは、鎌倉市で行った小学校4~6年生とのお話会です♪
https://www.youtube.com/watch?v=_cWpIMuaGpU 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、バスケットボールコート、室内

 

ドイツに住みながら、日本では報道されない情報を発信していますので、よければフォローしてください♪
※ロゴをクリックでとべます(^^)

 

【引用元】

BBC: Coronavirus: Japan to close all schools to halt spread (https://www.bbc.com/news/world-asia-51663182)

BBC: Coronavirus maps and charts: A visual guide to the outbreak (https://www.bbc.com/news/world-51235105)

The New York Times : Japan Can’t Handle the Coronavirus. Can It Host the Olympics? (https://www.nytimes.com/2020/02/26/opinion/coronavirus-japan-abe.html)

 

僕の他の記事はコチラ(ブログのホームへ)⇒ 本当に価値があるものは?

最新情報をチェックしよう!
>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること