トランプの「インフルの方が危険」発言に、学者が「コロナは10倍は致命的だ」と反論‐コロナウィルス危機3

 

谷口たかひさです。

 

「ひささんって今、コロナウィルスの事しか発信してないですよね?」

 

とお言葉を頂く事も増えましたが、実は毎日漏れなく、オンラインで子ども用と大人用を分けて、「気候変動」のお話会を続けております(笑)

 

今日行ったものはコチラ(^^)↓

 

 

「気候変動」の優先度を下げて良いとは、毛の先ほども思っておりませんので(^^)

 

最近はそれに、「コロナウィルス」のお話と、「メディアリテラシー」とお話、というチャンネルもおかげさまで増えました(笑)

オンラインイベントへの参加申し込みなどは、『地球を守ろう』でホームページをご確認ください(^^)

僕も適宜、自身のインスタグラムやフェイスブックにて発信していきますね♪

 

 

コロナウィルスに関する最新の科学発表などを読み解き、発信し、毎日オンラインで気候変動などのお話会を続け、コロナウィルスで自宅待機する方の命の尊厳が保証される為の署名運動を、科学や政治に精通した方々と進めております。

もともとマルチタスクが苦手なイノシシタイプの僕は、以前にもましてあっぷあっぷして来ましたが、素敵な人たちと一緒に、オンライン飲み会も交えながら(笑)、進めております(^^)

引き続き1人ではなにもできない僕に力を貸してくださいm(_ _)m

 

 

 

さて、なにかとその発言が物議をかもすトランプ大統領が、

新型コロナウィルスに関して、

 

「インフルエンザほどは危険ではない」

 

と発言した事の報道がありました。

 

 

これに対し、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所所長であり、コロナウィルスのアウトブレイクに対するタスクフォースのメンバーでもあるアントニー・ファウチ免疫学者は、

 

「新型コロナウィルスは10倍は致命的だ」

 

と、アメリカの人たちにその危険性が伝わるように言いました。

 

 

トランプ大統領の発言に対し専門家たちは、

 

「この病気に対する危険性を軽視し、市民をひとりよがりに落ち着かせる」

 

として批判しています。

 

 

ブリティッシュコロンビア大学で精神医学の教授を務め、『パンデミックの心理学』の著者でもあるスティーブン・テイラー氏は、

 

「パンデミックを、情報の透明性なしに乗り越えようとしたリーダー達は、市民が助けを求める事を妨げた、という事は歴史が証明している」

 

と発言しています。

 

 

こういったトランプ大統領の発言を受けて、夜間に食料品店で奥さんとまだ幼児である子どもと買いものをしていた男性は、

 

「コロナウィルス騒ぎはやりすぎで、狂っている」

 

と発言しています。

 

こういった事により、市民はコロナウィルスがインフルエンザより危険であるという認識のないまま、ジョークだと思ってしまっている、と報道されています。

 

「パンデミックに対処する事は、パニックを起こさずに、しかしその危険性を隠す事なく発信する事が求められる事が要求されるため、リーダーにとって最も困難なタスクの1つ」と報道されています。

 

 

トランプ大統領は、

 

「私は心配していない」

 

といった発言を続け、市民に自主隔離などを促す事をしませんでした。

 

 

同テイラー精神医学教授は、

 

「2003年のSARSの例などを見ても、危険性の軽視は、人々が人が多く集まる場所に行く事を避けたりする事を減らさないようになる事から、そのウィルスによる被害を拡大するだけだ」

「パンデミックの状況による真実を届ける事が遅れる事は、感染数と死亡者数を拡大させる」

 

と発言しています。

 

 

神経科学者であり、イェール大学のクロケット研究所のディレクターでもあるM.J.クロケット氏は、

 

「人は自身が感染源になり、他の誰かに致命的な被害を及ぼすという事をハッキリと伝えられた時、旅行をキャンセルしたり、自分を隔離する事を進んで行うようになる」

 

と言います。

 

 

「私たちは、これまでも1つになり、9.11などの危機を乗り越えてきました。しかしそれには、それをどう促すかを知っているリーダーが必要なのです。」

 

 

 

…ここまでが、3月14日時点の報道に書かれている事であり、

この時点でアメリカで報告されていたのは、

 

感染者数:546、死亡者数22

 

でした。

 

 

そこから2週間強でアメリカは瞬く間に世界一の感染国となり、

 

感染者数:245,442、死亡者数:6,098

 

となりました。

 

 

リーダーが人びとをミスリードし、新型コロナウィルスをあなどるとどうなるか、を先に証明してくれたんです。

これはリーダーにももちろん責任がある一方、私たち1人ひとりが賢くなる他ないのです。

そうでなければ、このリーダーが他の誰か、に変わるだけで、同じ事が起きます。

 

私たちが今やるべき事はなにか?自分の頭と心で何度でも考えてみましょう。

 

 

コロナウィルス/気候変動の最新情報、メディアリテラシー、問題に対する人としての在り方、について発信していますので、是非フォローしてください♪
※ロゴをクリックでとべます(^^)

 

Youtube, ロゴ, グラフィック, 赤

 

 

 

【引用元】

REUTERS: Like the flu? Trump’s coronavirus messaging confuses public, pandemic researchers say (https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-mixed-messages/like-the-flu-trumps-coronavirus-messaging-confuses-public-pandemic-researchers-say-idUSKBN2102GY)

worldometer: https://www.worldometers.info/coronavirus/?fbclid=IwAR3aKtrEkg5X1VKwauZRN_tatOvmqi4hQf_lgsMk-32j-Y8EeboOrevtgMM

 

 

僕の他の記事はコチラ(ブログのホームへ) ⇒ 本当に価値のあるものは?

最新情報をチェックしよう!
>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること