南アフリカ政府でゾウ・キリン・サイを食用に畜殺する法案

  • 2020-07-02
  • 2020-07-02
  • 動物
  • 2982view

 

谷口たかひさです。

 

南アフリカ政府が、南アフリカの食安全法の変更を提案しました。

 

 

その内容は、絶滅が危惧されている生きものであるゾウ・キリン・サイなどの動物を食用に畜殺しよう、というものです。

 

 

 

この提案は最近行われた、動物改良法の変更を追うもので、その変更の内容は、「集中的かつ、選択的な育種と交配を、野生動物に対して行う」というもので、対象となった33の野生動物にはライオンやチーター、サイなどが含まれています。

 

南アフリカWWF(世界自然保護基金)のジョー・ショー博士は今回の変更案に対して、「絶滅が危惧されている種が対象に含まれる事を非常に懸念している」とコメントしています。

 

Endangered Wildlife Trustは、この変更案が施行された場合には、「深刻な環境への害」と「動物福祉」の点で懸念があるとし、裁判所に見直しを依頼しました。

 

ヨハネスブルグ大学(南アフリカの大学)のロス・ハーベイ氏と、ロンドン大学のクリス・オールデン氏も、「野生動物の消費を促進する事は、南アフリカの自然遺産の商品化を強化するだけ」とうったえました。

 

彼らはまた、「この変更案が施行された場合には、人類にとっては未知のウィルスが、野生動物から人へ、または野生動物から畜産動物へと感染しうる」とうったえています。

 

しかし、仮にこれらの変更案が施行されても、野生動物の保護は国の法律だけでなく、州の法律によっても行われているため、それによって保護されるとする見方もあります。

 

今回の変更案が出た理由の1つとして、経済の活性化があげられますが、ジビエ牧場フォーラムのジェリー・ドライ氏は、それであれば鹿肉が最も健全な選択肢だと、次のように話します。

「人類は牛や羊、豚といった畜産動物を食べるよりもずっと前から野生の鹿を食べてきて、そちらの方がずっと健全である事は明らかだし、鹿肉産業は来年までに1,700の、2030年までに18,400の雇用を生み、地方の経済も活性化する」

 

 

 

この問題については引き続き注視して、また進展があれば書くと同時に、背景などについてより深く調べていきます。

 

世界中を講演して周りながら、海外/英語でしか得にくい情報を日本語でかみくだいて発信してますので、よければインスタグラム等フォローしてください(インスタグラムでは色々な人とのライブ配信もよく行います)♪
※ロゴをクリックでとべます(^^)

 

Youtube, ロゴ, グラフィック, 赤

 

 

世界中を周って「気候危機と希望 ~自由と権利~」のお話会をさせて頂いてますので、
主催ご希望の方は事務局の鈴木よしえさんまでご連絡を⇒鈴木よしえFacebook
参加ご希望の方はホームページをご確認ください⇒地球を守ろうHP

逢いましょう(^^♪

 

 

 

 

【引用元】

< https://www.iol.co.za/saturday-star/news/govt-proposal-to-add-rhino-elephants-to-list-of-animals-that-can-be-slaughtered-for-consumption-50011976 >

 

 

僕の他の記事はコチラ(ブログのホームへ) ⇒ 本当に価値のあるものは?

 

最新情報をチェックしよう!
>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること