ファイザー社CEO コロナワクチン発表同日に自社株を60%売却

 

谷口たかひさです。

 

先日、ファイザー社がコロナワクチンの中間結果発表を行いました。

その同日に、同社CEOが自社株を60%売却しました。

 

この株売却は前から決まっていたとされていますが、このタイミングでの売却に、これ以上の株価上昇は見込めないか、もしくは下落する、

つまり、ワクチンが効かない、もしくは副作用が出て株価が暴落するとCEO自身が考えている、と言われている事も不思議ではありません。

 

ファイザー社の開発しているコロナワクチンは

「有効性が90%以上」

と発表されました。

 

その結果ファイザー社の株価は急上昇し、その同日に同社のCEOは60%の株式を売却して莫大な金額を手に。

 

この「有効性が90%以上」とはどう算出されたかを平たく言うと…

 

約40000人を約20000人ずつ2グループに分け、

片方のグループにはワクチンを打ち、

もう片方のグループにはワクチンを打たない。

 

ワクチンを打たなかったグループでは86人が発症し、

打ったグループでは8人が発症した、

だから発症を90%以上防げた、というものです。

 

しかし、その計94人の発症した人の中に重症化した人は誰もおらず、

またリスクが高いとされる高齢者がいたか等も明らかにされておらず、

また、発症の数を86人から8人に減らすために、20000人もの人にまだ副作用もよくわかっていないワクチンを打つべきなのか、

などもしっかり考えた方が良いのではないでしょうか。

 

ワクチンに賛成か反対といった話をしたいわけではなく、様々な事実をふまえて、冷静に自分の頭で考えて判断する事が大切だと思います。

 

 

世界中を講演して周りながら、海外/英語でしか得にくい情報を日本語でかみくだいて発信してますので、よければインスタグラム等フォローしてください(インスタグラムでは色々な人とのライブ配信もよく行います)♪
※ロゴをクリックでとべます(^^)

 

Youtube, ロゴ, グラフィック, 赤

 

 

 

 

【引用元】

<https://www.msn.com/en-us/health/medical/pfizers-ceo-cashed-out-60percent-of-his-stock-on-the-same-day-the-company-unveiled-the-results-of-its-covid-19-vaccine-trial/ar-BB1aU6iq?ocid=sf>

 

 

世界中を周って「気候危機と希望 ~自由と権利~」のお話会をさせて頂いてますので、
主催ご希望の方は事務局の鈴木よしえさんまでご連絡を⇒鈴木よしえFacebook
参加ご希望の方はホームページをご確認ください⇒地球を守ろうHP

逢いましょう(^^♪

 

 

僕の他の記事はコチラ(ブログのホームへ) ⇒ 本当に価値のあるものは?

 

最新情報をチェックしよう!
>地球を守ろう

地球を守ろう

『みんなが知れば必ず変わる』
日本47都道府県で全世界で気候保護のために活動中!

【活動内容】
1. ドイツ在住の環境活動家、谷口 たかひさによる講演会
2. 参加者全員によるマーチ
3. その他各地での各種気候保護活動

【活動目的】
1. まずはみんなで知ること
2. みんなで仲良く、楽しく、つながること
3. 政府/メディア/企業に向けて、意志表示をすること